購入方法と費用

うつむく女性

アフターピルがあれば、もしものときも安心です。病院で診察を受けることでアフターピルを処方してもらうことが可能ですが、どういった病院へ行けば良いのか?費用はどのくらい必要なのか?気になりますよね。

アフターピルをもらうためには産婦人科を受診することとなります。一般的なクリニックと同じように問診票を記入し、医師の問診を受けた上でアフターピルを処方してもらうことができます。
診察を受ける病院によって必要な費用は違いますが、診察料やアフターピルの費用を合わせると1~2万円程度になります。
高額なのは保険が適用されないからです。非常に高い医療費が必要となりますので、避妊は本当に必要なのか?よく考えて受診しましょう。

アフターピルは必要だけど費用が高い…。そういった場合には通販で購入する方法があります。個人輸入代行サイトというものを利用することで、海外製のアフターピルやその他の避妊薬を購入することができます。日本の医療機関で処方されている医薬品と同じものやジェネリック医薬品が安く手に入ります。もちろん、診察料も不要なのでかなり費用を抑えることができます。
ただ、海外から発送してもらうこととなりますので、すぐ手元に届くわけではありません。ですから個人輸入代行サイトでアフターピルを購入するという場合には、早めに注文する必要があります。避妊なしの性行為をする前に、お守り代わりとして今からでも購入しておきましょう。
個人輸入代行サイトでは避妊薬の他にも常備薬、ダイエット薬、スキンケア用品なども販売されていますので色々まとめて購入しても良いでしょう。ただし、1つの商品につき2ヶ月分未満の量しか購入できないので気をつけましょう。