仕組みを知る

帽子を被った女性

アフターピルは避妊方法の中でも非常に避妊効果が高い方法と言われています。しかし、100%避妊に成功するというわけではありません。少しでも高い効果を得るためには正しい服用方法と早めの対応をする必要があります。

アフターピルにはいくつか種類が存在していますが、どのアフターピルも72時間以内に服用する必要があります。どうして72時間以内に服用しなければいけないのか?というと、72時間を過ぎてしまうと受精卵が子宮内膜に着床してしまうからです。
アフターピルを服用することで、受精卵の着床を防ぐ、剥がすことができます。

アフターピルを服用して成功した場合には、生理と同じように出血します。出血するまでの期間というのは個人差がありますが、だいたい1~3週間程度の期間となります。生理を確認できれば避妊成功ということになります。

ただ、生理が来るまでの期間というのはすごく不安に感じてしまいます。いつごろ生理が来るのか、わかっていれば多少の不安は解消されます。
生理がくるまでの期間に差が生じる理由として、アフターピルを服用するタイミングが排卵日前か後かということが関係しています。
排卵日前にアフターピルを服用した場合には比較的早く生理が訪れます。逆に排卵日後だと3週間程度経過してから生理が訪れます。

もしも、3週間経過しても生理が来ない、出血はあったものの量が少ないと言うような場合には妊娠している可能性がありますので、検査薬でチェックしておく必要があります。